Lolisca Library Novel Lolita & Scatology

1 - Lolisca3.0 / 1 2 3 / Index

No.01「決壊」/ 16KB / 設定
移動教室の帰路、バスの中で下痢をしてしまった加奈子。
我慢できず、急遽停めてもらったサービスエリアに駆け込むが……。
No.02「蠕くもの」/ 8KB
学校中が誇る秀才で、尊敬と憧れのまなざしを集める女子がいた。
高校三年生の冬、絶大な期待を背に彼女は大学受験へと臨むが……。
No.03「出し尽くすまで」/ 36KB / 設定 / 嘔吐
小学五年生の望実は、清く正しい日々を送る健康的な少女である。
だがある朝、おぞましい症状を伴うひどい体調不良に見舞われて……。
No.04「遍在する色(前編)」/ 30KB
ある日、どこかにあるトイレに、確かにそれらの光景は存在する。
授業中に、休み時間に。学校で下痢をしてしまった少女たちは……。
No.05「遍在する色(後編)」/ 60KB
下痢で欠席をする少女がいれば、学校で急に腹を下す少女もいる。
そして、かかる姿の想像できぬ者であっても、時にそれは起こりうる。

2 - Lolisca2.0 / 1 2 3 / Index

No.01「或るお嬢様の失敗(前編)」/ 18KB / 設定
財閥の息女で、旧華族の血を継ぐお嬢様である栄華。
誰もが羨む完璧な彼女だったが、ある日、猛烈に腹を下し……。
No.02「或るお嬢様の失敗(後編)」/ 18KB / 嘔吐
無理をして習い事に出た結果、栄華の体調は最悪へと至る。
疲弊しきった彼女はひどい車酔いを起こし、下痢も止まらず……。
No.03「扉の向こうで」/ 12KB
穏やかな時が流れる閑静な住宅街のコンビニエンスストア。
小さなパンをいつも買ってゆく、一人の女学生の姿があった。
No.04「食中り」/ 16KB
同じ屋根の下で暮らしている女子大生のいとこ、千鶴さん。
ある日の午後、彼女は尋常でない様子で家へと帰ってきて……。
No.05「駐車場の誘惑」/ 10KB
住宅街の一角でなされる、下校中の女学生の禁断の光景。
真っ青な顔で駐車場に駆け込んだ少女は車の陰にしゃがみ込み……。
No.06「噴出」/ 6KB
体育の授業中に突如しゃがみこんだ女子生徒。
青ざめた顔、額に溢れる大粒の汗。その原因とは……。
No.07「溢れ出すもの」/ 8KB
限界状態の腹具合で自宅マンションに帰ってきた少女。
最後の力を振り絞ってエレベーターへと乗り込むが……。
No.08「班下校の思いで」/ 8KB
いつも凛々しい班長の朝岡さんの様子がおかしい。
顔面蒼白で脂汗を流し続ける彼女は、思いもよらぬ行動に……。
No.09「地獄の下校」/ 10KB / 設定
給食の牛乳を飲みすぎて猛烈な下痢をしてしまった育美。
必死に便意を我慢しながら下校するが、道の半ばで限界を迎え……。
No.10「駆け込み寺」/ 27KB
暗闇に包まれ生徒から恐れられている、旧校舎の奥のボットン便所。
人目をしのぎつつ、その中へと入ってゆく少女たちの姿があった……。
No.11「禁忌」/ 8KB
下校中、少女が選ばざるをえなかった禁断の行為。
それは、他者が見てはならぬものに他ならなかった。
No.12「早退」/ 16KB / 嘔吐
五時間目の授業中、真っ青な顔で手を挙げた少女。
具合が悪く母の車で早退するが、車内で腹痛を訴え……。
No.13「尊厳の跡」/ 8KB
誰よりも完璧で、憧れのまなざしを集め続ける少女がいた。
小学校生活が終わりに近づいたある日、授業中に彼女は……。
No.14「人生の疵」/ 16KB
昼食に中って腹を壊し、苦しみの果てやってしまった最低の行為。
美しく清潔で、人の上に立つ彼女は、果てない呵責に苦しみ続ける。
No.15「殺到する器官」/ 36KB / 設定 / 嘔吐
強豪の女子高ハンドボール部の合宿中に集団食中毒が発生。
猛烈な下痢を起こした少女たちは一斉にトイレへと押し寄せるが……。
No.16「夏のきずあと」/ 8KB
学習塾の夏期講習に参加し、勉強に励む美樹。
しかし、テストの当日にひどい下痢をしてしまい……。
No.17「迸る音」/ 12KB / 嘔吐
腹をひどく下し部屋とトイレの往復を繰り返す姉。
水気に満ちた音を止むことなく響かせ続け、さらに……。
No.18「鍛えられぬもの」/ 8KB
流行するノロウイルスだが、女子柔道部には感染者がいない。
磨き抜かれた心身のゆえで、部長の明日香はその象徴だが……。
No.19「褐色の街(前編)」/ 12KB / 嘔吐
バレンタインの前日、雪香たちは材料の買い出しを計画する。
だがその夜、妹の澄音がひどい下痢をしてトイレへと通いだし……。
No.20「褐色の街(後編)」/ 12KB / 設定
各々の家のトイレで猛烈な下痢と格闘を続ける少女たち。
澄音は病院に行き、買い物は中止となる。留守番の雪香にも異変が……。
No.21「情景」/ 3KB / 掌編
小さな公園の隅にある公衆便所。
その中に駆け込んでゆく少女の姿があった。
No.22「腹痛」/ 6KB / 掌編
腹痛の理由で学校を欠席した女子。
朝の会と同時刻、家のトイレで彼女は……。
No.23「帰宅」/ 3KB / 掌編
極限状態で家へと帰り着いた少女。
トイレに飛び込み、我慢してきたものを噴出させる。
No.24「朝の駅で」/ 6KB / 掌編
二十分ぶりの駅で通勤快速列車から飛び出してきた少女。
転がるように階段を駆け下りて女子トイレへと入ってゆくが……。
No.25「緊急事態」/ 6KB / 掌編
閑静な住宅街の中に設けられた建築現場。
突然、顔面蒼白の少女が仮設トイレの使用を求め……。
No.26「不調の女子」/ 3KB / 掌編
にぎやかな休み時間の女子トイレ。
端にある一つの個室だけが閉まり続けていた。
No.27「機密のさなか」/ 3KB / 掌編
授業中に下痢をしてしまった内気な少女。
委員長がトイレに立ったのを機に、自身も向かうが……。
No.28「秘められた地獄」/ 6KB / 掌編
大好きな先生の家庭訪問を、少女は待ち望んでいた。
若く、綺麗で優しい女の先生。だがその様子に違和感が……。
No.29「月夜野由佳の腹痛」/ 25KB / 原作
大金のかかったギャンブル大会に出場を申し出た由佳。
牛用下剤を盛られた彼女は、試合間近に猛烈な腹痛に見舞われ……。
No.30「我慢、できなくて」/ 25KB / 原作
大地震の翌日、未来たちは徒歩で避難所の芝公園を目指す。
だが、未来は猛烈な腹痛に襲われていた。仮説トイレは長蛇の列で……。

3 - Lolisca1.0 / 1 2 3 / Index

No.01「悲劇のお受験」/ 綾瀬優美 / 90KB
受験勉強のストレスで酷い下痢をしてしまった優美。
試験当日も激しい腹痛と便意に悩まされ、テストの最中……。
No.02「おくすりはひかえめに」/ 滝川葵 / 32KB
ひどい便秘で、どうしても排便をすることができない葵。
便秘六日目、たまりかねた彼女は下剤の使用を決意するが……。
No.03「おくすりはひかえめに ルートT」/ 滝川葵 / 45KB
休み時間に下剤の効果が表れ、葵は猛烈な便意をもよおす。
トイレに駆け込み、一週間分の排泄物を便器の中にぶちまける。
No.04「おくすりはひかえめに ルートU」/ 滝川葵 / 105KB
授業のさなか、下痢にも勝る腹痛と便意に葵は悶絶を始める。
狂おしい欲求を堪えきれず、トイレへ行く許可を求めるが……。
No.05「おくすりはひかえめに ルートV」/ 滝川葵 / 85KB
放課後に便意をもよおした葵は、家までの我慢を決意する。
だが、想像を絶する苦しみに帰り道の半ばにして限界を迎え……。
No.06「妹のにおい(前編)」/ 彼崎未来 / 60KB / 嘔吐
激しい下痢と嘔吐を引き起こすインフルエンザが流行中。
元から胃腸の弱い未来は、感染により劇的に腹が下りだし……。
No.07「妹のにおい(中編)」/ 彼崎未来 / 60KB / 嘔吐
汚物にまみれた公衆トイレを逃げるようにして離れた未来。
帰宅後は四十度近い高熱と壮絶な吐き下しの症状に見舞われ……。
No.08「妹のにおい(後編)」/ 彼崎未来 / 50KB
痛ましい失敗を経て、ようやく未来の体調は小康に向かう。
だが水のような下痢は止まらず、トイレに行くことさえ困難で……。
No.09「隣室の女児」/ 牧原結衣 / 54KB
マンションの隣室に暮らしている魅力的な小学生の女の子。
ある日の午後、真っ青な顔をした彼女が部屋の前に立っていて……。
No.10「茶色い予兆」/ 凛堂朝香 / 32KB
私立小学校の厳粛な始業式の最中、様子のおかしい少女がいた。
青ざめた顔で震えながら脂汗を垂らし、小刻みに放屁を繰り返す……。
No.11「穢された朝(前編)」/ 凛堂朝香 / 66KB
登校前の朝食に、傷んだ卵を食べてしまった朝香。
車内で腹に違和感を覚え、乗り換え駅のトイレに向かうが……。
No.12「穢された朝(中編)」/ 凛堂朝香 / 66KB
何もできずトイレから出た朝香を、猛烈な下痢が襲う。
誤って急行電車に乗ってしまった彼女は、途中下車ができず……。
No.13「穢された朝(後編)」/ 凛堂朝香 / 115KB / 嘔吐
涙を枯らして下車した朝香だったが、下痢はなお治まらない。
粗相を繰り返しながらトイレへと逃げ込み、苦しみに耐えきれず……。
No.14「悪夢から醒めて」/ 凛堂朝香 / 40KB
数日の入院と療養を経て、朝香は日常へと戻る。
早朝、一週間ぶりに登校する彼女を駅で待っていたのは……。
No.15「小四冬期講習」/ 岩崎真雪 / 45KB
学習塾での授業中、女子生徒が青ざめた顔でトイレに立つ。
その様子を強い関心と共に見つめ続ける者の存在を、彼女は知らない。
No.16「欠席の風景」/ 岩崎真雪 / 45KB
腹を完全に下し、ふらつきながら部屋とトイレを往復する真雪。
悪夢にうなされ、下着を汚し、ついに授業を欠席してしまう……。
No.17「静寂の海で(前編)」/ 岩崎真雪 / 58KB
早退、欠席、遅刻。最悪の冬期講習が続いてゆく。
五日目になんとか体調を治した真雪だったが、塾へ向かう途中で……。
No.18「静寂の海で(後編)」/ 岩崎真雪 / 70KB
窓風の言葉に励まされた真雪は、勇んで再び塾へと向かう。
しかし、授業の終わった後、塾のトイレで予想外の光景に直面する……。
No.19「窓辺の記憶(前編)」/ 白鳥窓風 / 準備中
勉強、スポーツ、容姿の全てが完璧で皆から羨まれる存在の窓風。
だが彼女には、絶対に人には言うことのできない、最低の記憶があった……。
No.20「窓辺の記憶(後編)」/ 白鳥窓風 / 準備中
真雪との出会いが、窓風の心に始めてのぬくもりを芽生えさせる。
一緒に初詣に行った帰り、窓風はその小さな身体をそっとやさしく抱きしめる。
- Back to Index -